様々なシュチュエーションでの車【1】

2012年にマイナーチェンジしたトヨタFJ CRUZER。

エンジンとブレーキを自動制御にして、ステアリングの操作のみでごく低速な走りを可能にしたクロードコントロールをオフロードパッケージに標準装備してます。

アクセサリーやチューンナップパーツなども続々と発売されているので、購入後にもお楽しみが続くよ!といったプラモデル感がナカナカなもんです。

私の好みとしてはルーフがホワイト、ボディがイエローのツートンがカワイイなと思っています。

砂地にも強く冬の海岸に乗り上げることが出来るので、友人のサーファーは昨年の冬にこのトヨタFJ CRUZERに乗り換えました。

ごっとんごっとん海岸に乗り込んで、ジャック・ジョンソンのフレイクを掛けるとご機嫌なんだそうだ。

「こんなメローで、よく高波を攻める気になるな!」と訊けば、「日本に高波なんかあるかい!」というので、それもそうかと。

嫁さんとケンカした時などは特に、頬伝う涙な曲なのでそうで。

いやいや、あんた、その酔狂な車をヨシとしてくれる嫁さんに感謝したほうがいいぞ!と思う次第。

3

トヨタFJ CRUZER~これで君も丘サーファー!か?

圧迫感があるので隣に置かないで!などと言えるわけがないので、せめてドラテクが普通にある人に乗って欲しいと切望しています。

特に車庫入れがまっすぐ出来ないようなら、乗らないで!涙・涙・涙。。。なのです。

借りている駐車場のお隣がこのトヨタFJ CRUZERなんですけどね、もともとギッチギチなわけです。

ギッチギチの上にオンラインで停めてくるわ、斜めになるわ、「日々新た」で全く成長あそばされないの。

かなりイライラしますわぁ。

そりゃオンラインの半分まではあんたの陣地だけど!それは認めるけど!私もオンライン半分まで主張したら世の中だれも車から降りられんわ!

しかも反対側の軽自動車もギッチギチで停めてくる。

しかも頭から入れている。

しかも斜めだ。

なにか私の恨みがある二人なのでしょうか。。。

先日ばったり出会したんですけどね、掛けてる曲が背負ってんだわぁ。

出来すぎのボブ・マーリーなので、「君はどこに行きたいのだ!」と思わず叫ぶ。

車庫入れに5回ほど切り替えている姿に「君のドラテクは堀ちえみだぜぇ?」とも叫ぶ。

さらに反対隣のワゴンRもご帰還。

またもや頭からギチギチに停めてくる。

掛けてる曲は北山たけしの「流星カシオペア」って!!!出来すぎやん!

トヨタFJ CRUZERからは50がらみのサラリーマン風男性が降りてくる、ワゴンRからは50がらみのヤサグレ風味のオバサンが降りてくる。

先に到着していたアラフォーの私が、なぜかしらドアを三分の一ほどしか開けれず、ヒーヒー言いながら苦労して降りるこの理不尽。

ヒトコトも謝らない君たちは、きっと私に恨みがあるんだろう。